2019.3.16 OPEN
ムーミン一家とその仲間たち、
そして新しい発見との出会い
2019年3月16日、埼玉県飯能市にムーミンバレーパークがオープン!ムーミンの物語を追体験できる4つのエリアで、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いに触れてみませんか?

POUKAMAはじまりの入り江エリア

POUKAMA(ポウカマ)は物語の「はじまりの入り江」。原作であるムーミンの物語が描かれた“本”のゲートをくぐりぬけ、この先に待つムーミンの物語の世界に期待を膨らませながらムーミン谷へと向かいます。エントランス施設には、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランや、これからムーミンの世界を楽しむためのグッズや帰りには楽しんだ思い出として持ち帰ることができるグッズなどを購入いただけるショップがあります。

ウエルカムゲート

exhibition

ムーミンの物語のはじまりは本、ということが由来から、パークのはじまりも本のゲートをくぐり抜けて物語の世界へ。4つのゲートは、メインキャラクターでもあるムーミン&スノークのおじょうさん、スナフキン&リトルミイ、ムーミンママ&トフスラン・ビフスラン、ムーミンパパとニョロニョロの組み合わせのほかにも、キャラクターが潜んでいます。書かれている文字は原作のスウェーデン語からのキャラクターたちの言葉です。さて、何と書いてあるでしょうか?

ウェルカムアート

exhibition

地元飯能の西川材を利用して作られた各キャラクターの象徴をあしらったモニュメントに、思い思いに色が塗られたウェルカムアートが道を彩ります。飯能市の小学生やメッツァアンバサダーなどにご協力いただき、約2,500個のウェルカムアートが設置されています。(※こちらはオープンを記念した期間限定の展示です)

MUUMILAAKSOムーミン谷エリア

MUUMILAAKSO(ムーミラークソ)「ムーミン谷エリア」は、ムーミンバレーパークのメインエリア。ライブエンターテイメントの「エンマの劇場」、図面を参考に忠実に再現した「ムーミン屋敷」、冒険を体感できる「海のオーケストラ号」など、さまざまな体験ができます。

Uimahuone(ウイマフオネ)

exhibition

「ウイマフオネ」は「水浴び小屋」。エントランスを抜けてムーミン谷へ向かうと、まずはじめにムーミンパパの作った「水あび小屋」が見えてきます。泳ぐのが大好きなムーミン一家は、夏は水浴び小屋でのんびりしたり、時にはこの水浴び小屋からムーミン谷を遠く離れる冒険に出かけます。冬のムーミン一家の冬眠中には、他の登場人物たちの住み家としても活用されている、四季を通して物語を象徴する場所の1つです。

Emma teatteri(エンマ テアッテリ)

exhibition

「エンマテアッテリ」は「エンマの劇場」。小説『ムーミン谷の夏祭り』の舞台となったムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」では、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。
1日3回(11:00〜 / 15:00〜 / 16:30〜)
※季節や天候により時間の変更や中止となる可能性があります。
無料
お席は先着順となります。

Muikku foto(ムイック フォト)

attraction

「ムイック フォト」はムーミンたちと写真が撮れるスタジオ。“ムイック”はフィンランドで写真を撮るときの合言葉。カメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターたちとの写真を記念に残していただくことができます。

Muumitalo(ムーミタロ)

exhibition別料金

「ムーミタロ」は「ムーミン屋敷」。ムーミンパパが設計図を書いて自分で建てた理想の家でもありパークのシンボルです。パークでは、トーベが仲間たちと手がけたジオラマの要素を取り入れながら、原作に忠実に再現しています。地下室は貯蔵庫、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋とゲスト部屋にはスノークのおじょうさんの部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎があります。

Merenhuiske(メレンフイスケ)

attraction別料金

「メレンフイスケ」は「海のオーケストラ号」。“勇気”、“挑戦”、“友情”、“家族の絆”をテーマとした、体感モーフィングシアターです。ムーミンパパの友人であり発明家のフレドリクソンが作った「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユールたちと一緒に冒険に出かけましょう。

Pikku Myyn leikkipaikka (ピックムーンレイッキパイッカ)

attraction別料金

「ムーミン屋敷」で繰り広げられる、主人公リトルミイの自由気ままでかわいいいたずらに、困り果てたムーミンパパやムーミンママが考えた秘策とは?!リトルミイのいたずらの世界が映し出されるスクリーンに、あなたもいつの間にか巻き込まれてしまうかもしれません。案内役のガイドとともに、展開される、リトルミイのいたずらにハラハラドキドキしながら、どんないたずらが繰り広げられるのかわからない驚きある楽しさと、優しく温かみのあるクラシカルな映像で、新しいムーミンの物語を発見してください。

KOKEMUSコケムス

KOKEMUS(コケムス)はフィンランド語で「体験」を意味する、地上3階建ての展示施設。インタラクティブな体感展示スペース、常設展や企画展、物語にちなんだものづくりワークショップも体験できます。また、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップやカフェも併設されます。

ムーミン谷のジオラマ

exhibition

吹き抜け空間に広がる8mを超える世界最大のムーミン谷の巨大ジオラマで、精巧につくられたキャラクターたちを至るところで発見することができます。定時になると変わる季節や時間帯ごとの演出のしかけにもご注目ください。

Muumilaakso kauppa(ムーミラークソ カウッパ)

shop

「ムーミラークソ カウッパ」は「ムーミン谷の売店」でパークのメインショップ。パーク内でもいちばん広く、売り場面積・商品数も世界最大級。
小説『ムーミン谷の彗星』でムーミンたちが訪れた森の売店をモチーフに、森のなかをめぐりながら、買い物をする楽しさを演出します。森の白夜のダンス場をイメージしたキッズスペースもあり、保護者の方が買い物をしている間にお子さんたちが遊んだり本を読んだり過ごしていただくこともできます。

Muumilaakso ruokala(ムーミラークソ ルオカラ)

cafe/restaurant

「ムーミラークソ ルオカラ」は「ムーミン谷の食堂」でパークのメインレストラン。色とりどりの花火が上がる中、パーティーが行われる空間をイメージしています。幻想的な夜の森で開かれるパーティーに、自分も参加しているようなひとときをお過ごしいただけます。

Kauppa & Kahvila(カウッパ ヤ カハヴィラ)

cafe/restaurant

「カウッパ&カハヴィラ」はカフェ機能を備えたセレクトショップ。ムーミン谷の雪景色をイメージした内装とフィンランドのムーミンショップを彷彿とさせる店内は、北欧輸入商品や稀少なムーミングッズと出会えます。

Paja(パヤ)

attraction

「パヤ」は「ワークショップ」でクリエイティブあふれる場所。なんでも生み出せるイメージの白を基調とした空間で、ストーリーに基づいたものづくりや、トーベの作品などにまつわる創作体験を楽しんでいただけます。

YKSINÄISET VUORETおさびし山エリア

YKSINÄISET VUORET(ユクシナイセットブオレット)「おさびし山エリア」は、冒険と思索の山。子どもたちが自然の中で元気いっぱい遊ぶことのできるアスレチックやツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」や「飛行おにのジップラインアドベンチャー」など、たくさん体を動して遊べるエリアです。

Hemulin leikkipaikka(ヘムリン レイッキパイッカ)

attraction

「ヘムリン レイッキパイッカ」は「ヘムレンさんの遊園地」。小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”をモチーフにしたアスレチックツリーハウス。思い切り身体を動かしたり、森林浴ができたりと、思い思いの時間を過ごしていただけます。“きのこの黒板”はお絵かきやステージとしても活用できます。

Taikurin seikkailupaikka(タイクリン セイッカイルパイッカ)

attraction別料金

「タイクリン セイッカイルパイッカ」は「飛行おにのジップラインアドベンチャー」でおさびし山の頂上からスタートするジップラインです。往復約400mの宮沢湖面を滑空します。小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”になって、ルビーの王様を求め、森の中や湖上で風を感じてください。

Majakka(マヤッカ)

exhibition

「マヤッカ」は「灯台」で小説『ムーミンパパ海へ行く』に登場します。ムーミン一家が移り住んだこともあり、中には、ムーミンママが描いた絵も残されています。
この灯台は、対岸からも見え、夜になるとメッツァビレッジ側からも灯台の回転灯が見えるランドマーク的存在です。

Instagram Galleryインスタグラムギャラリー