AUTO TRANSLATION

Hifive Galley.(On The Lakeside)<br />Established In 2021 1
Hifive Galley.(On The Lakeside)<br />Established In 2021 2
Hifive Galley.(On The Lakeside)<br />Established In 2021 3

何気ない日常、ふと入ったお店で新しい何かが心に芽生ていた。
人々が集い、アートとカルチャーを気軽に触れ体験できる場所。
そこは、また行きたくなる、お気に入りの場所。

世界には才能溢れるアーティストや作家さんが沢山います。私たちは日々、心揺れるモノやコトを探し続けています。しかし、探している人と、提供している人が出会う可能性はまだまだ低く埋もれている才能が沢山あるのが現実です。埋もれてしまってはもったいない才能をどうやって同じ感性の人に届けるかを共に考え実行し、新しいカルチャー、新たし価値観を生み出していきたい、そんな思いから表現の場としてアートギャラリーをオープンさせました。

■Hifiveとは
「ハイファイブ」喜びを表現するため、お互いに手を挙げて手のひらをパチンと打ち合わせることを言う。

■no.5
数字の5には情熱、想像、自由、多様性といった要素を持つと言われています。共に変化や多様性を受け入れ、成長しあいながら楽しい未来を作り、あなたと、喜びから素直にハイタッチ(Hifive)ができたら嬉しいです。

開催期間 4月3日(土)~土日祝OPEN
OPEN:7月10日(土)11日(日)17日(土)18日(日)22日(木・祝)~25日(日)
時間 土日祝:10:00~18:00
場所 クラフトビブリオテック
URL https://hifivegallery.com
備考 活動表現の場として、出会いの場として、気づきの場として。
アートギャラリーのほか、ワークショップやフォトサービスも不定期にて開催します。
※最新情報は「Hifive Galley.」ホームページまたは、公式SNSにてご確認ください。
・「Hifive Galley.」公式Facebook
・「Hifive Galley.」公式Instagram
・「Hifive Galley.」公式Twitter
・「Hifive Galley.」公式LINE

注目ポイント

谷正也 絵画展 『囲まれた色彩』 ”The enclosed vividness”

・Introduction
美術、音楽、舞台、私たちのあらゆる表現活動は「不要不急」という言葉に”囲まれた”こ
の世界においても、その鮮やかさを失うことは決してありませんでした。 谷正也の色彩に溢れる絵画も、キャンバスという四辺に囲まれることにより、その鮮やかさは一段と際だっているように見えます。谷はあらゆる制約の中でも、絵を描くことを止めませんでした。日々アトリエに籠り、自己と世界(溢れる情報)の接点を、キャンバスに触れる絵筆の先端で一つひとつ確かめるように、世界に色彩を与え続けていきました。そんな谷の絵画は”絵を描く”という真摯な行為が確かにそこにあったことの証明としての揺るぎないリアリティを湛えています。
本展での谷正也の絵画との出会いが、世界が常に色彩に満ちていることを今一度思い出す
機会になれば幸いです。
2021.7.10 Hifive Gallery 一同

■谷正也 絵画展 『囲まれた色彩』 ”The enclosed vividness”
期間:7月10日(土)~25日(日)※期間中の土日祝OPEN

“Emerging Artists” Vol.1

Hifive Galleryは才能溢れる若手アーティストを応援します。”Emerging Artists” (新進芸術家)と題したプロジェクトVOL.1の本展では、00年代生まれのペインター須釜衣緒里を紹介します。本プロジェクトが近隣地域の芸術文化の裾野を広げる活動の一端を担えれば幸いです。

■『眠る記憶』
作家:須釜衣緒里
期間:6月19日(土)~7月4日(日)※期間中の土日祝OPEN

森と湖畔の自然素材のアートVOL.2

■『そざい、そんざい』展
・出展作家
江幡三香(木のおもちゃ・絵本)
加茂孝子(和紙の照明・アクセサリー)
Hifive Galleryは自然素材を用いるアーティストを応援します。
『森と湖畔の自然素材のアート』と題したプロジェクトVOL .2となる本展では、飯能在住の2人の女性作家を紹介します。自然素材の作品を通じて、森と湖畔の自然の中で感じた穏やかな気持ちを日常生活にも持ち帰ってもらえたら幸いです。

■期間:5月29日(土)~6月13日(日)※期間中の土日祝OPEN

森と湖畔の自然素材のアートVOL.1

Hifive Galleryは自然素材を用いるアーティストを応援します。自然素材の作品を通じて、森と湖畔の自然の中で感じた穏やかな心を日常生活にも持ち帰ってもらえたら、と考えています。

■『木そのものが持つ生命力 / 彫刻屋 近正 展』
『森と湖畔の自然素材のアート』と題したプロジェクトVOL .1となる本展では、飯能在住の夫婦が営む木彫工房”彫刻屋 近正(コンショウ)”を紹介します。彫刻屋 近正は「日々の暮らしに寄り添えるアート」をコンセプトに木の彫刻を制作し、たくさんの方に届けてきました。
・近正千広「自分たちの作品を特別な”芸術”にはしたくなかった。まずは家族の暮らしがあって、その暮らしに寄り添うように作品があったらいいいな、と思っています」
・近正匡治「そう、だから”彫刻家”ではなく、八百屋さんみたいに”彫刻屋”と名乗るようにしたんです」
そう話す近正の木彫はいわゆる”彫刻”という言葉が持つ硬さとは一線を画しています。その可愛らしく生命力に満ちた表情には見る者を「ほっ」と穏やかな気持ちにさせる不思議な力があります。
・近正匡治「木そのものが持つ生命力が助けてくれる ー 作品に命を与えてくれるんです」
この“木そのものが持つ生命力”を大切にする姿勢は、近正の全作品を通じて一貫しています。そんな近正の木彫の中でも、お子様の干支を兜にあしらった五月人形、雛人形(ムシャヒナ人形)は高い人気を誇っています。お子様をモデルに一つひとつ丁寧に作り上げる木彫は、まさに世界でたった一つの節句人形として、お孫様への贈り物としても好評を賜っています。本展を通じ、一人でも多くの方に彫刻屋 近正の木の仕事に触れていただけたら幸いです。
2021.5.3 Hifive Gallery 一同

■期間:5月3日(月・祝)~23日(日)※期間中の土日祝OPEN

【モノ・コト】アートギャラリー展示

■Global Art Project For Peace "THE CHOSEN ONE"
2016年からInstagramにて平和活動「Global Art Project for Peace "THE CHOSEN ONE"」を始動、現在2000人(2020年3月現在)のポートレイトを描く。毎日1点のポートレイトを描くことを日課にし、世界中に優しさの拡散を試みる。

■期間:4月3日(土)~5月2日(日)※期間中の土日祝OPEN

【モノ・コト】ノベルティプレゼント

「Hifive Gallery.」公式Instagram / 公式LINE、をフォローいただき、ギャラリー内でフォロー画面を見せていただくと、Hifive GalleryとGlobal Art Project For Peace "THE CHOSEN ONE"の限定コラボレーション、エアホルダー(10/12oz)をプレゼント!コーヒーを買って取り付けて、インスタにアップしてね!
※数に限りがあるため、なくなり次第終了となります。
※当日フォローになっていただいた方もOK!

【モノ・コト】限定グッズ販売

インターネットで何でも買える時代ですが、ここに行かないと手に入らない数量限定グッズやコラボレーションアイテムを展開しています。

【モノ・コト】その他

・ワークショップ(開催日不定期)
・フォト&ムービーサービス(開催日不定期)
※最新情報は「Hifive Galley.」ホームページまたは、公式SNSにてご確認ください。

営業時間

ムーミンバレーパーク

10:00-17:00

10:00-18:00

メッツァ駐車場

09:30-20:00

09:30-20:00

メッツァ(ムーミンバレーパーク / メッツァビレッジ)営業時間 / メッツァ駐車場料金に関するお知らせ
2021年8月07日(土)~15日(日) 営業時間:土日祝 / 駐車場:土日祝日料金 ※詳しくはこちら