ご来園のお客様へお知らせとお願い
homeホーム イベント BUSKING VILLAGE
BUSKING VILLAGE 1

宮沢湖の豊かな自然を背景に、様々なジャンルの音楽を楽しめるイベント「BUSKING VILLAGE」を開催。国内外問わず多様なジャンルで活躍するアーティストたちによる魅力溢れる演奏や、当日限りのセッションをお届けいたします。
目にも鮮やかな新緑で囲まれたメッツァビレッジで、優しさや安らぎに満ちたパフォーマンスをお楽しみください。

開催期間 5月14日(土)15日(日)、21日(土)22日(日)、28日(土)29日(日)
時間 9:30~17:00
場所 メッツァビレッジ特設会場
参加費 ■参加費は無料のイベントです。

■Schedule / 出演スケジュール

#5月14日(土)
09:30~09:40 三四朗(サックス)
12:30~13:15 須能愛(声楽)
13:30~14:15 三四朗
15:00~15:30 須能愛
15:45~16:15 三四朗
16:30~17:00 須能愛

#5月15日(日)
09:30~09:40 須能愛(声楽)
12:30~13:15 三四朗(サックス)
13:30~14:15 須能愛
15:00~15:30 三四朗
15:45~16:15 須能愛
16:30~17:00 三四朗

#5月21日(土)
09:30~09:40 飯田りの(ヴァイオリン)
12:30~13:00 星羅(シンガーソングライター)
13:30~14:00 飯田りの
15:00~15:30 星羅
15:45~16:15 飯田りの
16:30~17:00 星羅

#5月22日(日)
09:30~09:40 笛吹かな(フルート・篠笛)・宅間善之(ヴィブラフォン)
12:30~13:00 大塚雄一(アコーディオン)
13:30~14:00 笛吹かな・宅間善之
15:00~15:30 大塚雄一
15:45~16:15 笛吹かな・宅間善之
16:30~17:00 Jam session

#5月28日(土)
09:30~09:40 笛吹かな(フルート・篠笛)・中島香里(ヴィブラフォン)
12:30~13:00 星羅(シンガーソングライター)
13:30~14:00 笛吹かな・中島香里
15:00~15:30 星羅
15:45~16:15 笛吹かな・中島香里
16:30~17:00 星羅

#5月29日(日)
09:30~09:40 飯田りの(ヴァイオリン)
12:30~13:00 笛吹かな(フルート・篠笛)・秦コータロー(アコーディオン)
13:30~14:00 飯田りの
15:00~15:30 笛吹かな・秦コータロー
15:45~16:15 飯田りの
16:30~17:00 笛吹かな・秦コータロー

注目ポイント

Profile / 三四朗

バークリー音楽院を卒業。ニューヨークを拠点にボストン、パリ、ロンドン、などでストリートパフォーマンスを展開。日本においては渋谷でのストリートパフォーマンスが話題を呼び、テレビに特集される等、連日百人以上の観客を集める。CBS / SONY よりアルバムデビュー。アフリカ、ブラジル、ジャマイカのミュージシャン等をミックスした無国籍グループTAOが新たな話題を呼び、日本でのワールドミュージックブームに火をつける。オノヨーコさんの提唱するGOWでショーンレノンとレコーディング及び東京ドームでのコンサートに出演。ジャマイカにて”Bob Marley” 追悼記念コンサートに出演。“みんなのフレボ”NHK”みんなの歌”ON AIR FM番組”トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ~泳ぐ楽園・東京版”ギャラクシー賞ラジオ大賞を受賞。台湾、アジアデビュー。ムッシューかまやつさんと、活動。PPMのポール・ストゥーキーさんと共演 / 文京シビックホール、真言宗総本山東寺において「ファッションカンタータ2012」出演 。東北復興支援コンサートを積極的に行う。国際色豊かな感性で、メジャー・マイナーを問わず、常に新しいものに目を向けている姿勢はストリートパフォーマンス時代から決して変わることはなく、異種芸術の混合や新しいメディアにも挑戦し続けている。

Profile / 須能愛

東京都出身。中学生時代、吹奏楽部、合唱部にて音楽の素晴らしさを知る。聖徳大学付属高等学校音楽科を経て、東京音楽大学にて声楽を学ぶ。第 63、64 回 全日本学生音楽コンクールにて入賞。現在は東北復興支援プロジェクト、神社の神楽殿を利用した野外オペラやミュージカル、各種コンサートへの出演や、朗読と音楽のコラボレーション、芝居の挿入歌での参加等、ジャンルを問わず様々な分野での活動をしている。
・Facebook
https://m.facebook.com/Melodiamore/
・YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCjM0leGa4Fp3ChjeGIu8Iyw/featured

Profile / 星羅(せいら)

1989年5 月4日生まれ シンガーソングライター / モデル。弾き語りの表現力だけで、曲の表情を自在に変えていく。2007年小学館「PS」の専属モデルとして活動し、2009 年サントリーなっちゃんの5代目なっちゃんとしてCM出演。SONY Defstar records からメジャーデビュー。以降ライブ、アルバム制作を中心に精力的に活動中。2018年6 月 サックス奏者の父三四朗との親子ユニットFamiliaの1st album をリリース。7月公開映画、中野裕之監督「ピースニッポン」挿入歌に7年前に録音した「星に願いを」が起用される。2017年 東京スカイツリーソラマチひろばで毎週土曜日「星羅の La La La Music Cafe」のパーソナリティーを担当。2016年 毎月企画「好きです、北参道。」をストロボカフェにて開催。打楽器 小寺良太(ex椿屋四重奏)を迎え、6月「星羅×小寺良太」として[スタジオ・ライブ盤]をリリース。オリジナル、ジャズカバーを中心にカフェ、レストラン等で定期的に演奏。企業CM のナレーション、歌唱を担当。2015 年 カフェを拠点にライブ活動を続ける傍ら、FoZZtone Vo,Gt の渡會将士、Ba,Choのキャノンと共に梅雨限定ユニット Bar Bar Pole を結成、全国をまわる。その他バンド、サポート等さまざまな形態で精力的に活動。2作連続キューピーCMナレーションをつとめる。2014年四季シリーズ総集編フルアルバム「四季」をリリース。作詞曲・編曲・録音・ミックスまで、全ての行程をひとりで行う。弾き語りワンマンを中心にライブを行う。11 月FoZZtone Album コーラス参加。2013年 1年を通してハンドメイド作品・四季シリーズ【冬の根】【春の芽】【夏の実】【秋の種】の4作品ををリリース。2012年 BS朝日「城下町へ行こう!」イメージソング「ふうらいぼう」を配信で発表。舞台「Dream」に出演。2011年 スターバックスコーヒーが主催するチャリティーツアーに、おおはた雄一、斎藤誠、AOEQ(YO-KING、藤原ヒロシ)と共に参加。3rdシングル「心配ばっかもうしなくていいよ」1st Full Album「ミディアイム」リリース。ラジオでのご縁から笑福亭鶴瓶師匠と共に新宿・角座にてトーク&ライブを行う。2010年 2nd シングル「ラブレターのかわりにこの詩を。」(アニメ「テガミバチ」主題歌。関東のFM局では一週間で最もオンエアされた曲となった)2009年 サントリー飲料「なっちゃん」の 5 代目なっちゃんに選ばれる。初めてのCM出演、エレファントカシマシ”はじまりは今”をカバー。SONY Defstar Records から「数字と恋」でメジャーデビュー。「ROCK IN JAPAN Fes」「COUNTDOWN JAPAN FES」など多数のイベントに出演。2008年 夏フェス 「ap bank fes’08」、「若若男女’08」(主催 / チャットモンチー / Base Ball Bear / シュノーケル)に出演。自主制作 CD完売。インディーズ盤「#1コンパス」リリース。2007年 東京を拠点にライブ活動を開始。 小学館「PS」の専属としてモデル活動をはじめる。13歳から独学でギターをはじめ、16歳から作詞曲を始める。

Profile / 飯田理乃

岐阜県出身、川越市在住。4才からヴァイオリンを始める。 幼少の頃から、曲の練習より即興で遊ぶことを好む。大学時代、先輩の誘いで「ROCKY CHACK」森のオーケストラに参加し、POPS の世界へ。2000年頃から数年間、作曲家きだしゅんすけ氏率いるPOPSストリングスユニット「LPchep3」のメンバーとして、全国のライブハウス、カフェ、路上等でのライブを行い、3枚のアルバムリリースをする。SAX 奏者・三四朗を中心としたユニット「クリオネ」のメンバーとしてライブやアルバムリリースなどで活動。ソロでは、フジテレビ「ポンキッキーズ」の「爆チュー問題」にバイオリンネズミとして参加。琴奏者・保坂由佳による音楽プロジェクト「J・DNA」のサポートメンバーとして活動を共にする。その他、ボサノバデュオ「サパトス(三四郎&木村純)」、阿久延博をはじめ、多くのアーティストのライブ・レコーディングに参加。結婚出産を機にしばらく活動を控えていたものの、2014年に川越でLiLoと出会いライブに参加したのをきっかけに、家族のサポートを得ながら緩やかに活動再開中。

Profile /大塚雄一

<アコーディオン&ヴォーカル&ギター etc.>
幼少の頃のピアノレッスンをバックボーンに、大学生時代モダンジャズ研究会に在籍する。その頃よりキーボーディストとしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。 1991年、自己のグループ<SO-DA!>を結成。数々のコンテス トで優勝。六本木ピットインなどを中心に、ライブ活動を展開。
メロディアスで温かみのあるオリジナルナンバーは、ジャンルを超えて多くのファンの好評を博す。
1993年、パットメセニーのツアーでギルゴールドスティンが弾くアコーディオンに魅せら れ楽器を購入。
1996年、第8回全日本アコーディオンコンテスト(大阪大会)に参加。朝 日放送賞を受賞。 また同時期、スティールパン、アコーディオン、アコースティックギター、 のユニット<PAN CAKE>に参加。アコーディオン、作曲、編曲等を担当。 ブラジル音楽の要素 を軸に、オリジナルやカバー曲など幅広い選曲で 独自のサウンドを確立する。
<パンケー キ>では6枚のアルバムを発表。
並行してアコーディオンを中心とした自己のセッションで新境地を開く。アコーディオンの音色を生かした、ジャンルにこだ わらない自由な表現が話題を呼ぶ。このユニットをベースとしたソロアルバム「ACCORDIANA」を1997年秋に リリースし、本格的にソロ活動を開始。1999年、歌を歌いたい、という欲求のおもむくまま弾き語りのライブを始める。オリジナルをはじめシャンソン、ビートルズ、ボサノバ、歌謡曲などレパートリーは多岐に渡る。
またギタリスト高木大輔とのユニット<バルミュゼット>ではフランスのレトロなダンスミュージックを中心に活動。秋元順子の<愛のままで>ではそのアコーディオンがフュー チャーされヒット。活動は多岐にわたる。

Profile / 笛吹かな

<ジャズフルート、ジャズ篠笛>
Jazz 、ラテン、即興演奏を得意とする、ジャズフルート、ジャズ篠笛奏者。 また、プラスアルファとして、オカリナ、リコーダー、ティンホイッスルなど様々なエアーリード楽器も吹く、マルチフルート奏者としての一面も合わせ持つ生粋の笛吹きである。 ステージでは、エンターテイメント性のあるパフォーマンスを得意とし、表現力豊かな音色が持ち味の独創性あふれるミュージシャンとして定評がある。 これまでに自己のCDを3枚リリース。 Diners Club Social Jazz Session 2013-14 YouTube動画投稿コンテストで、管楽器部門優勝、総合準優勝。Internet篠笛コンテスト2014にて準優勝。自作曲『Send for Spring』が、John Lennon Songwriting Contest 2014 World部門にて、Finalist受賞。 2015年【美しの里シスターズ】メンバーとして、LONDON HYPER JAPANに出演、2018年【和楽器アンサンブル JAPAN】メンバーとして Traditional Music Festival in Kazakhstanに出演、その他、台灣、タイ、マレーシア、カナダでも演奏。 また、BSテレ東 おんがく交差点へのゲスト出演や、音楽朗読劇、バレエ舞台、様々なアーティストのCDへの参加など、スタジオワークや舞台音楽でも活躍中。

Profile / 宅間善之

幼少の頃よりマリンバ奏者である父の影響を受けマリンバを始める。高校在学中よりジャ
ズに興味を持ち、マリンバと並行してヴィブラフォンを始め、ジャズ理論を村井秀清に師事。 高校卒業後、アメリカのバークリー音楽院に留学。在学中に多数のコンサート、ライブ、レコーディングセッションをこなし、上原ひろみ等と共演。 帰国後、実弟政彰と『MALLET×PIT』を結成、2枚のアルバムをリリース。 バンド解散後、自己のグループ「Vibrasonic」として、初のリーダー作『diario ~ディアーリオ~』を、ライブ DVD「宅間善之 Vibrasonic」発売する。 近年は「Vibrasonic」と並行して「Wu-Xing」(ラテンジャズ)、「Kiss the Cats」(ジャズ)「Mr. Jazz Quartet」(ジャズ)のレギュラーメンバーとしても活動。 2020年には所属全バンドでアルバムをリリース。 女優渡辺えりのコンサートツアーメンバーや、ジェームス・ブラウン、ビリー・ジョエル、ポール・サイモンなどの編曲家としてグラミー賞を多数受賞したジャズピアニスト、デビッド・マシューズ、オカリナ奏者宗次郎との競演など、ジャズ、フュージョンを中心にラテン音楽、クラブミュージック、演歌、ヒーリングミュージックなどジャンルを問わずに精力的に活動している数少ないマレット&パーカッション奏者である。

Profile / 秦コータロー

<アコーディオン>
大阪出身。 幼少の頃からピアノを学び、アコーディオンとピアノを用いて全国でのライブ活動を行う。オリジナル曲の作成やアレンジ、アーティストのサポートなどの活動を行う傍ら、 2016年後期より放映のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2019年Bunkamura30周年記念舞台『罪と罰』、2020 年NHK 連続テレビ小説『エール』出演など アコーディオニスト、ピアニストとして従来の形にとらわれない幅広い活動を続けている。

Profile / 中島香里

東京在住。立教大学日本文学科卒業後、Jazz 理論と4本マレット奏法を赤松敏弘氏に師事。2010年から毎年、短期間ながらニューヨークへ赴き、現地で活躍する様々なミュージシャンとセッションを重ねるなど研鑽を積んでいる。 小柄な体から叩き出される豪快で情熱的なソロや、歌い上げるようなバラードなど、4本マレットを鮮やかに閃かせながら紡がれる幅広い表現力、そしてヴィブラフォンの魅力を余すことなく出し切る渾身のステージングに定評がある。2013年11月に1stアルバム「Flying Mind」、2016年12月に2ndアルバム「CROSS POINT」、2021年8月に3rd アルバム「starry nights」をリリース。オリジナル曲を多数収録し、メロディメーカーとしても注目を集めている。
・オフィシャルウェブサイト http://kaorin.jazzman.club
イベント一覧へ戻る