森と、湖と、アンブレラと。

「日本最大級のアンブレラスカイ・デザインプロジェクト」
森(メッツァ)の中に約1000本の傘を使ったアンブレラスカイと鮮やかな色柄の道が出現。

ポルトガルの小さな街アゲダで芸術祭の一環として2012年から始まった「アンブレラスカイ」。傘が頭上を埋め尽くす非日常的な光景は、多くの人の心を引きつけます。今回、メッツァビレッジでは日本最大級アンブレラスカイ・デザインプロジェクトを実施。
デザインはmarimekkoなど世界的なブランドでデザインも手がけるテキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏。
森の入り口から湖まで、空中に浮かぶ約1000本のアンブレラの色と連動する100mの道は虹のように変化。アプローチとエンディングでは見える世界観も変わります。道にさりげなくひそむ動物や傘のフォルムを探す楽しみも。とびきりカラフルでドラマチックな空間体験をお楽しみください。

当初7月15日までの予定でしたが、好評につき、現在展示期間を延長しております。予告なく終了となる場合がございます。予めご了承ください。

開催期間 展示期間延長中
会場 メッツァティエ
URL https://metsa-hanno.com/event/2330/
備考 台風などの影響による荒天の場合、安全面を考慮し一部展示を変更する場合がございます。ご了承ください。

注目ポイント

日本最大級のアンブレラスカイ・デザインプロジェクト

空中に浮かぶ約1000本のアンブレラの色と連動する100mの道は虹のように変化します。

夜のライトアップも

arrowイベント一覧へ戻る