メッツァ金継ぎ部

割れてしまった大切な器、ご自分でお直ししてみませんか?

 

「金継ぎ」とは天然の漆を使って、陶磁器の割れや欠けを補修し、金属粉を蒔いて仕上げる技法です。この度、メッツァビレッジにて東京・蒲田金継ぎ部の深澤朋実さんを部長に「メッツァ金継ぎ部」を発足します。

メッツァでゆるりと金継ぎを楽しみましょう。

 

今回のワークショップでは、金継ぎのファーストステップである「割れを接着~欠けを埋める」行程を体験いただきます。

 

〔参加にあたって〕

・大きさ15㎤以内、割れや欠けが1個ずつの器、1~2個をお持ちください。

(ガラス製品はご遠慮ください。)

・最終仕上げは部長が行います。完成後、着払いにて発送いたします。

・仕上げは真鍮、銀の2種類からお選びいただけます。

 

お申込みはこちらから

※ここら先は外部サイトになります。

開催期間 2018/12/18(火)
時間 11時の部(11:00~13:00)14時の部(14:00~16:00)
会場 クラフトビブリオテック
参加費 ¥4,000(税込・お菓子・ドリンク付き)
定員 各回10名
備考 天然の漆は、肌に触れるとかぶれやすく、衣服に付着すると落ちません。できるだけ露出の少ない服装でご参加ください。

割れてしまった大切な器、ご自分でお直ししてみませんか?

arrowワークショップ一覧へ戻る

駐車場 2つの利用方法