ニュース
プレスリリース

教育大国フィンランドより 「ポルヴォーアートスクール」がやって来る!

教育大国フィンランドより 「ポルヴォ―アートスクール」がやって来る!

株式会社ムーミン物語(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡邊 基樹)は、埼玉県飯能市で2018年11月9日(金)にオープンする「メッツァビレッジ」にて、フィンランド共和国に位置する「ポルヴォーアートスクール」による、ベーシックプログラムをスタートいたします。また、「メッツァビレッジ」オープニングの11月9日(金)・10日(土)には、「ポルヴォーアートスクール」からフィンランド人講師陣が来日し、二日限りのスペシャルプログラムを開催いたします。詳細はこちらから

 

北欧は生涯学習が盛んであり、中でもフィンランドは経済協力開発機構(OECD)が発表する学力調査でも常に上位にランクインしています。ポルヴォーアートスクールはフィンランドの中でもトップクラスのアート教育が受けられ、特にユニークなのが五感を使ってアートを学べる教育方法です。ポルヴォーアートスクールの考え方は、「アートによって脳が活性化されることで、生活がクリエイティブになると、毎日の生活も豊かになる。アートは生活の道すじを照らし、アートが生活の問題を解決することだってできる。」

 芸術=アートは格式ばったものではなく、アートによって感性や創造性を培うことでわたしたちの身近な生活も豊かになり、アートの中には、暮らしを便利にするヒントが詰まっている、つまり実用性があるというというもので、「メッツァ」のテーマである北欧のライフスタイル提案とも親和性があることから、「メッツァビレッジ」にてベーシックプログラムをスタートすることになりました。ポルヴォーアートスクールの教育方法は、子どもたちの視点とインタラクティブなやり方が中心になっているため、現在ポルヴォーアートスクール外にそのまま使える授業や教育のマニュアル的なものは存在していません。そのため今回は特別にポルヴォーアートスクールの先生方によりメッツァビレッジで行うプログラムも独自で開発・カスタマイズし、実施して行く予定です。

 

<ポルヴォーアートスクールついて>

ヘルシンキから50キロほどのフィンランド南海岸沿いの旧市街の街ポルヴォ―にあるフィンランド最大のアートスクールです。

1985年に開校後、0-19歳までの子ども・青少年から大人までを対象とした幅広いヴィジュアルアート分野の基礎教育を行っています。国際的な交流も積極的に行っており、スペインマドリッドでワークショップも展開。フィンランドの教育法によって定められたアートの教育を提供し、カリキュラムはフィンランド国立教育庁によるアート教育を実践しています。ポルヴォーアートスクールのカリキュラムは、学校を運営していくための指針や理念であり、子どもたちが教育を受けて、何を学んで欲しいかという内容のものです。そのカリキュラムを指導者が理解した上で、先生たちは担当しているグループの課題や授業の内容や資料を一人で又はペアでそれぞれで用意してカスタマイズしています。

さらに詳しく知りたい方はこちらから

もっと見る

arrowニュース一覧へ戻る